スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咀嚼

前回、保育園のブラッシング指導の際に使ったガム
ガム2種類(キシリトール・噛むカムチェックガム)

保育園で使用したのは、「噛むカムチェックガム」

1回目テスト
青いガムと赤いガムを一粒づつ同時に噛む。噛む回数は30回。噛んだ後ビニール袋に入れます
2回目テスト
青いガムと赤いガムを一粒づつ同時に噛む。2回目の噛む回数は60回。噛んだ後ビニール袋に入れます
判定
2つの噛んだガムで判定

DH・wさんがイベントの際に4人家族にこのガムを噛んでもらったところ小4のお兄さんが噛めてないことが判明したそう。混合歯列で噛みにくい上に、お母さんが「早く食べなさい」と急かしてないか?とお母さんにも心当たりがあったそう。とても興味深いお話だった。

早速頂いたので、娘に試してみた。実際良く噛んでないことはわかっていた・・・ビックリ
30回噛んでもらったところ、ピンクと水色混ざってもいない
60回噛んでもらいようやく右の袋の状態だった
口を閉じよく噛んでたべよう!私も急かすのはやめよう!

お互いに確認出来た瞬間でした。

PS.キシリトールのガムは2分間噛んでパッケージの色味本のように濃いピンク色になればよく噛めているのである。

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。