スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の塗り絵

「本格的な大人の塗り絵体験してみませんか・・・」
はいお願いします 行って来ました~講師は須貝光一郎氏(サクラクレパス大人の塗り絵講師)

塗り絵左:私 作 右:お手本

お題は「ピーターラビット」
こんなにじっくり塗り絵に取り組んだのは初めてだわ
頂いたクーピー8色(FY3・5・9・12・15・20・36・225)フルに使いました。
まずは下地のたまご色(FY9)薄い色で下地を塗っていかないとあとで重ねて塗ってもNG

そしてグレーがないので、ピンクと水色で薄く重ねて塗って影を出す。
目や濃くしたいところは、黒がないので茶色と紺を重ねていく
勉強になりました。原色では膨らみや遠近法も出にくいそう
そして塗り絵は見本に忠実に描くこと よく観察すること
先生はこの「ピーターラビット」でも3時間はかけられるそうだ(ハガキサイズ) きょえ~

そして先生から最後にアドバイス頂きました
デッサンのふちでなく面でとらえるともっとBEST

大人の塗り絵 Kパパ 「下ネタ」 でなく残念でした
「色のセンスのなさ」は子供の頃 緑はこの色と決まってる 12色や24色を与えた親のせいだって~緑だけでも8色あるともっと広がるって先生話してました。

我が家はサインペンを「Aoyama Flower Market」の箱に入れていつでも使えるように置いてあります
しかしオレンジと思って使うと赤だったりある意味デンジャラス 見た目の色と実際の色味全く違ってます

トラックバック一覧

コメント一覧

#443 No title
OH~~!! パチパチ!
私も 色塗りは苦手なので ちょっと勉強したいです!
#445 ありがと~
Sallyさんが、あんなに絵が上手なのに色塗り苦手なんてビックリよ~
見本は水彩絵の具で描かれてるピーターラビットだから、クーピーよりSTAEDTLERの色鉛筆で描いたら楽しいだろうな~って思いました。
塗り絵って見本に忠実に描くことで、観察眼で脳を活性化させるからボケ防止にもなるらしい
でも見本に忠実こそが塗り絵で、個性的なものは塗り絵とは言わないとなると私には塗り絵は合ってないかな~なんて思っちゃった。もう少し高齢になったら再チャレンジしたいと思いま~すv-22
でもじっくり塗り絵を1時間半こんな貴重な体験はなかなか出来ないから楽しかった~
Sallyさんのサインペンの絵すっごく好きよ~色なんてなくって大丈夫

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。