スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今 出来ることは何だろう

チルの工房さんより
被災地にいない自分が今、出来ることを考えてみた

◯ 電気の問題で、難しいかもしれませんが
出来ればテレビやラジオから離れて下さい。
携帯電話やパソコンなどのネットでの情報入手を。

緊急時の速報の為に、消すのは難しいかもしれませんが
家族やグループなど交代で情報を得るのがいいと思います。

@harukakouさんのツイート
仙台市で被災した者です。電気が復旧し始め、TVでマスコミの被災者へのインタビューを見て愕然としました。人の悲しみ、苦しみを増長するためのものにしか見えません。なんのため?誰のため?このギリギリの状況で欲しいのは希望です。なのにマスコミが私達に与えているのは絶望でしかないじゃないか

@gusinraisanさんのツイート
い ま の 日 本 の 最 大 の 敵 は、 被 災 者 の 不 幸 な 姿 ば か り を 撮 ろ う とし た り、 恐 怖 を 煽 る だ け の 批評・質問 を す る タ イ プ の マ ス コ ミ だ と 思 う 人 は RT を。

不安が不安を呼び、最悪暴動に発展します。
そして、映像は繰り返して流すなどの編集をすることも出来る。

フラッシュバックではありませんが
恐怖は簡単に興味を惹きつけることが出来るので
不安な表情や、悲惨な光景が優先的に流されると思います。

残念な事ではありますが、テレビやラジオも営利会社。
人の心身よりも、現状は利益に大きな比重を持って行かれているようです。

緊急時の情報を得られる環境を用意し
好きな音楽を小さめに流すなどして、気を休めて下さい。


◯ 東北地方太平洋沖地震被災地への援助総合@wiki

※募金詐欺に注意。
正体不明の団体には寄付はしない方が賢明と思われます。
特に街頭でやってるものは注意。

◯ 今後の経済などをも考えると、出来る仕事はしっかりやる。
国の動きに不穏なモノも囁かれているようです。

「こんな時に」と思われるかもしれませんが
こんな時だからこそ、しっかり守っていかなければならない。


とにかくポジティブに


雑記などでも、よく挟みましたが
とにかく明るくいることです。

軽はずみに「大丈夫、大丈夫」と言うのも
如何なものかとも思いますが
まずはみんな出来るだけ明るくです。

心配で仕方ない方もいるかもしれないけれど
被災地の方はもっと不安なはず。
変に哀れんだり、悲壮感を漂わせないこと。

少し前にテレビ取材で話題になった
「大丈夫ですか?どう思いますか?どうしますか?」
なんて煽るような質問をすれば、余計に不安を生み出します。
別の話に例えれば、子供に「怖いぞ、怖いぞ」なんて言って
脅してしまうようなもの。

節電ということで、殆どテレビは付けていませんが
今現在も不安な方や、辛い表情を追っていると聞きます。
大きなメディアには程遠いですが、可能な限り明るく考えるべきです。

必要な情報は、そんなにない

先程に続いて、メディアに対して。
地震の被害や規模、人々の苦悶の表情は
人を惹き付けやすく、視聴率が上がる可能性が大きいです。

ですが、現地で困っている人がほしい情報は
炊き出しの場所、避難上、物資を提供している場所。

今後資料の意味もあると思いますが荒れている現場を
撮影しているヘリコプターも
その騒音のために、助けの声が掻き消されてしまいます。

批判や、悩みの声がTwitterでもたくさん上がって
恐らくメディアの目にも止まっているでしょうが
改善される傾向がないようです(一応、今後に期待)


一般の方が出来るのはブログやTwitterなどのネットを使った口コミ。
バッテリーや、電波の関係もあってあまり多用は出来ませんが
現地からの情報は拡散されていきます。

私も、幾つか救援情報を目にしましたが
その中で気になったことが1点。
メッセージ内に開催されている場所は地名と共に
「県」も加えた方が良いかと思います。

一刻も早く伝えたいのは分かるので、端的でもいい。

あまりに範囲が広いので、どこの地点の情報か分かれば
見る人は自分に必要な情報かどうか直ぐに判断しやすいと思います。



下手な民間療法を信じない。行動は避ける



乙武洋匡さんのツイートが流れてきましたが

阪神大震災で被災した当事者の一言。
「助けに来てくれて一番ありがたいと思ったのは、自衛隊の人たち。 一番迷惑で邪魔だったのは、自称ボランティアの人たち。こちらが必要とする事はできず、逆に残り少ない食品や飲料水をコンビニで消費していく始末」

雑記にも書きましたが、妙な正義感を持って
飛び込みボランティアに出向くのは避けて下さい。

自衛隊の方を始め、必要になれば召集がかかるはず。
現地へ出かける思いやりの強い方は、
先ずは参加できる募集を調べましょう。

また、支援物資についても同様のこと。
水や食料であれば、日持ちのするモノやお手軽に作れるものが求められます。
物資は、求められてるものを送る。
阪神大震災では,ニーズに合わない「救援物資」の処分に
忙殺された事例もあり。

※3/14 現在、福島県は「個人からの支援物資 辞退」
被災地の自治体では混乱を避けるため
「個人からの物品は受け付けていない」
としてホームページなどで呼びかけています。

福島県の担当者は
「善意は大変ありがたいが、保管場所も限られており、
必要な物資を備蓄できなくなる可能性も出てくる。
受け入れ態勢も整っていないため、今は控えてほしい」
と話しています。



ご存知の方もいると思いますが、
ガス漏れ等で、火を使うのが危険な地域などもあったりします。

ネットの普及で、求められている物資の情報も
入手しやすくなってると思います。

今直ぐにでも!
飛び出したい勢いの方もいると思いますが
とにかく冷静に。
落ち着いて、調べてから行動しましょう。

報道に流されすぎない

大事件なので、報道は地震一色になっていますが
政府をはじめ、各部を見張ったりするのも忘れないように。

テレビの災害報道一色なのは政府の陰謀ではないか。今日13日は名古屋市議選の投開票日である。テレビはなぜ報道しないのか。明らかに「減税日本」が第1党になることが確実視されている。このままでは結果も報道しない可能性もある。なぜ、報道しないのか。おかしいではないか。

というツイートもある。
過去最低の投票数だそうです。
組織票で決定してしまう可能性も大いにある。


残念ながら、火事場泥棒のようなものは起こり得る。
普段から、派手なニュースの裏で大変なことが行われてたりするのですが
今回の自然災害の裏は特に危険に思います。

被災地の方々はそれどころではないかもしれません。
だからこそ、無事な地域の方々がしっかり脇を固めるべきです。


津波の被災ではないですが
茨城県北部は、交通麻痺、通信麻痺、ライフライン復旧見込みなし
ガソリンも底をつき、情報不足、食料支援なし。全くの孤島状態
だそうです。
けれども、報道される気配は無いそうです。

また、鹿児島県・宮崎県付近で再度噴火した新燃岳など。

宮城県を中心に被害の大きなものを全面に扱っていますが
多くの非常事態が起こっています。
地震の被害の様子や、人々のく苦悶の表情に興味を奪われやすいですが
眺めていても事態、起こった出来事は変わりません。
個人個人が今出来る事を、しっかりとやっていきましょう。



肉屋はお肉を、魚屋はお魚を



被災地への援助だけでなく、自分が出来ることを精一杯。
最初の「出来るだけ明るく」ではありませんが
被災地が大変なだけに、今出来る事を精一杯こなす。

日本をひとつの体にイメージすると、
体のどこかが傷ついたからこそ、別の場所が助ける。


良く見せていただくブログさんの中には
猫を始め鳥や爬虫類の動物の写真をメインに
紹介しているブログさんがあります。

運営されている方は、ご自身の許せるペースで更新を。
妙な自粛する必要は無いと思います。
(過激な発言は控えるべきだと思いますが)

たかが動物の写真(画像)、されど動物の画像。
その一枚、ヒトコトがリラックスの種になる場合もあります。



助けてくれる人も、人



被災してしまった方は、このブログを見てる暇なんかないかもしれません。
いつ目が通るか分かりませんが、書きます。

救助に向かって下さっている自衛隊の方。
恐らく隊員の中には東北に親族のいる方も大在いると思います。
その中、任務ということで心配ながらにも救助活動している。

多くの方が亡くなってしまっていますが
自衛隊の方によって救助された方も10000人弱
訓練されて、心強い存在です。

でも、いくら強靭な体とはいえ人です。
実際津波に流されてしまえば溺れてしまうし
ビルに押し潰されてしまっては一溜まりも無い。

もう少し引けば、ご飯を食べなきゃ力も出ないし
眠らなければ、集中力も無くなってくる。

自衛官がメシ食ってると
「そんなことしてるヒマがあったら働け。まだ被災者が残ってる」
って怒鳴られる。

現地に出向いて活動している以上
可能な限り、全力を尽くして活動してくれています。
食事や休息も、今後の行動に備えて大切な行動。

助けに向かってるのに、罵られるほど辛いものはないです。

場合によっては、自分の命も危険な被災地への救助。
被災者の不安や辛い気持ちもよく分かりますが
自衛隊の方々には、動きを止めない位に
応援の言葉をかけて頂ければ幸いです。


追記とお詫び
日本ユニセフ・ユニセフ の記事は削除させて頂きました
偏った情報を流してしまい申し訳ありませんでした

トラックバック一覧

コメント一覧

#1166 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1167 No title
今日は私も言いたいことは同じような

記事かな

日々の生活が普通に送れること

ごめんなさい

ありがとう

その中で できることから

助ける

それしかできないけど

それが精いっぱいなんですよね


#1168 考えさせられます。
今回の事で、考えさせられることが、沢山ありました。どこに視点を持っていくかと言うことなのかなぁ

自分だけではなく、みんなが、思いやりを持つことが、大事なのではと思います。

私の妹も、茨城県で被災しています。助けたいけど、何も出来ないもどかしさがあります。

長野県だけど、プチパニックが、起こっています。

これから、どうなるんだろうどうしたら、良いのか不安でしかたありません。

追伸…昨日、直接しましたが、読んでいただけましたか本当に、残念ですが、今回は、しかたありません。とにかく、みんなで、がんばりましょう
#1169 どうぞ使って下さいね
初めまして、
どうぞ使って下さい
少しでもお役にたてれば。と思います
#1170 笑顔になろう
よっちママさんの影響力は大きいですよ

よっちママさんの声かけで、みんなの気持ちだって被災地の方の為に何か出来ないか
今の自分で何か出来ることはないか。。。って浸透してると思います

よっちママさんの姿勢がみんなを変えてます
私もよっちママさんを見習って、何かメッセージ発信出来るなら!
#1171 返信遅れてごめんね
私の実家 茨城では今日ようやく断水解除になったそうです
<全く知りませんでした>
5日ぶりにお風呂に入ったそうです。
そして停電第1・3・5グループに入ってましたが、被災地の為 免れたそうです
父は酸素ボンベがないと、肺に酸素を送り込まないといけないので、停電は致命的です
そして頑固な性格は、人に頼ったり甘えたりってことが出来ないので、本当に停電を免れたことは良かったです

大洗の方は友人も住んでます
心配です

赤プリはこんな事態では仕方ないです
生きていればいつか会えます
だから命だけは落とさないように・・・

see you again!
#1172 No title
今日の私のブログで歯@美術部の名前を
載せさせていただきました 
みんなに見てもらいたいので 
リンクいただきました 
了解もえずにごめんなさい
#1173 1人の力
自分の無力さを感じつつ、私にもできることがあるんじゃないか、誰かに協力することでも力になるんじゃないかと感じ始めています。
93ちゃんの的確かつ前向きなブログに感謝!
元気になりました。
#1174 頑張ろう!!
93ちゃんのブログ 的確で前向きな気持ちに
なります。
悲しい気持ちでいっぱいだけど今は出来ることを
一生懸命やるしかないよね。

暗い気持ちに傾きすぎていたから、ここに顔を
出して良かったよ。
明日も頑張る!!
#1175 ありがとう
らぶ★かほちゃん
ありがとう
勇気と優しさ、みんなに届くといいね

リンクありがとう
私もリンクさせて頂きます
#1176 Re: 1人の力
ありがとう
節電だって、義援金だって
ブログを通じてメッセージを発信することも出来る

生きてる それだけで感謝しないとね

今日も頑張ろう!!
#1177 Re: 頑張ろう!!
Kちゃん良かった
Kちゃんは笑顔が可愛いんだから笑ってないと!!

オージーの木札 届いたかな
切手 足りなかったらごめんね
#1180 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1183 水谷修さんの愛書探訪より
子供たち、私は少年時代から数限りない本を読んできました。私にとって、読書は人生そのものでした。触れあった多くの本から、人としての生き方、人生の過ごし方を学び続けてきました。そんな私が、最も涙を流し、感動し、それからの人生に影響を受けた本。それがこの本です。
私は、今から九年前、「夜眠れない子どもたち」の存在に気づきました。暗い部屋で明日を見失い、自らを否定し、傷つけ、死へと向かう子供たちが、私たちの国、日本にたくさんいることに気づきました。
そして、今から七年前に「夜回り先生」という本を出版し、私のメールアドレスを様々なメディアで公開しました。苦しんでいる子どもたちの明日を拓くための何かができないかと。

それ以来、メール相談の数は六十二万件を超え、関わってきた子どもたちの数も二十一万人になろうとしています。私は、この七年間、「死にたい。死にたい。助けて」「リストカットが止められない。助けて」「いじめられてる」「虐待されてる」と無限に続く相談メールに、返事を書き続けてきました。
その返事は、ただ1つ、「人のために何かしてごらん。明日はきます」でした。こう返事続けたのは、私が、青春時代に、この本と触れあったからです。
私のもとには、子供たちからの「人は、なぜ生きなくてはならないの」というメールが、たくさん届きます。君たちは、どう答えますか。私は、いつもこう答えます。「だれかを幸せにするために」と。私は、これをこの本から学びました。
塩狩峠
#1196 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#1204 Re: たすかりました^^
お役にたてて良かったです。遅くなってしまってごめんなさいね
図書館で見つかるといいですね
私も読んでみます、いいきっかけを与えてくれてどうもありがとうv-238

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。